2011年10月16日

モンキー 2点式クランク移動防止加工

クランク移動がたの質問が多い為過去の歴史も纏めての更新です。
2点式クランクに外輪シム取付はお勧めできません。
3点式クランクベアリング圧入式は全く問題はありませんが。
テスト画像は6V純正クランクケース・Lクランクノーマル走行距離2389キロ展示品です。
クランクB/G⇔ケース隙間0.45なので0.40シム取付テスト確実に回転重い,再度分解0.20にガタ無くスムーズに回転OK測定の問題かな再度0.45測定ガタ無く重くはないこの差は外輪シムが問題でしょう。
B/G外径52mmシム外径52mm同寸だが画像で確認すれば判るがベアリング外側がテーパー状になってるからです,シムの跡傷が証明,過去にお客さんのエンジンこのような作業は1台もしてしてませーん。

45PA140003 シム外径52mmPA140003 アキシャルシム 1mm









PA150008 シム合い口 1PA150009 シムアイ口 2←詳細確認
かなり前02年ゴリラ改115侫┘鵐献鵑妊謄好箸海里泙淹藩僂靴討燭薀┘鵐献麈紡擦砲覆觸,違和感感じたので即取外しエンジンは無事でしたシムは当時物です。今後見本になると保管しといたシムです。

左シムクランクベアリング側 右クランクケース側

こちらはCD9012V用純正クランクケース新品124嬪僂縫棔璽螢鵐芦湛済み。
強化クランクケースと売られてる物ですが同じクランクシャフトで測定0.40mm隙間新品との差0.05mm
前期の6Vクランクケースです。CD90用強化クランクケースと呼ばれて販売されてるがクランク隙間加工しなければあまり意味がなさそうノーマルケースボーリングでもしっかり組めば問題はない筈。
●元々横型エンジンはがたクリアランス設定されてます機会があったら新車で確認しては如何でしょう●


PA150012 ボーリング加工済み4040







2点式クランクでスペクラに変更してクランク移動がたが気になるエンジンにお勧め
外輪シムを使用せず移動防止加工作業
移動逃げがなくなり振動もさらに軽減されます(実話)

クランク&ケース間クリアランス加工 ¥9800




↓ランキング参加中↓

バイク ブログランキングへ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村